【優良事務所インタビュー】御堂筋税理士法人:「30年の歴史と未来への挑戦」

執筆 ・ 監修

城之内 楊

株式会社ミツカル代表取締役社長

株式会社ミツカル代表取締役社長。 1990年生まれ。20代では士業向けのコンサルティング会社(株式会社アックスコンサルティング)で最年少役員として8年間勤務。これまで、3,000以上の税理士事務所のコンサルティングや士業向けのセミナーに複数登壇。さらにはスタートアップから上場企業まで外部顧問や役員としても活躍する。 退職後、税理士業界を活性化するために、税理士事務所の採用支援サービスを展開する株式会社ミツカルを創業。ミツカルでは年間2,400名以上の税理士事務所の求職者をサポート。審査基準を通過した優良事務所のみを紹介しており、ミスマッチのない転職支援を行っている。

税理士業界を盛り上げるために、株式会社ミツカルでは日本で優良な税理士事務所・法人のPRを目的としたインタビューを実施しております。
今回は、 御堂筋税理士法人の代表社員 才木正之先生に会社の特徴・魅力について話してもらいました。
【インタビューまとめ】
  • 創業は1991年、30年以上の歴史を誇る。
  • 創業者は小笠原士郎税理士。現代表社員は、才木正之と松本綾。
  • 事務所の理念は、「私たちはお客様とともにお客様の問題解決を通じお客様の成長発展に貢献する」
  • 現在の従業員数は48名、平均年齢は39.7歳。
  • 7つの事業部門を展開
  • 教育方針は成長支援する姿勢に基づく。
  • 活躍する人材の特徴はチャレンジャーであること。
  • リモートワークを積極的に採用するなど、働きやすい環境を整えている。
  • 創業者との事業承継・経営承継プランの実行が大きな挑戦だった。
  • 求める人材はチャレンジャーの方、役に立ちたい方。

御堂筋税理士法人の概要について教えてください。

創業は1991年6月3日で、30年以上の歴史を持っています。
事務所を立ち上げたのは小笠原士郎税理士で、今は創業者として、またコンサルタントとして現役で活躍しています。
私は彼から事務所を引き継いで、現在は代表として6年目になります。
当法人の理念は、「私たちはお客様とともにお客様の問題解決を通じお客様の成長発展に貢献する」ことです。
かつては「財務の知識を持つ経営者の理解者」という方針でした。
しかし、約7~8年前から方針を変え、中小企業の経営者に向けたソリューションの提供に集中してきました。

従業員の数や平均年齢を教えていただけますか?

現在、従業員は48名で、平均年齢は39.7歳。年齢層としては30代が中心です。
私自身は52歳で、社内で2番目に長い社歴を持っています。
新たな人材としては20代後半の方を望んでいますが、新卒採用は現状、積極的には行っていません。

事業展開についておしえてください

御堂筋税理士法人では、7つの事業部門を持っています。
①税務会計
②事業承継コンサルティング:こちらは財産評価や株価の問題、持ち主の変更に関連するサービスです。
③M&Aコンサルティング:合併や買収に関連するサービスで、専門のチームがいます。
④個人資産税:相続などの手続きを行います。
⑤人事コンサルティング:人事の採用、育成、離職防止、組織開発などのサービスを提供します。
⑥ITソリューション:これから更に強化していきたい部門の一つです。
⑦経営コンサルティング:事業計画からのサポートや会議のコンサルティングなどを行います。

なぜ多岐にわたる事業に挑戦しているのですか?

会計事務所は、中小企業や個人事業主を全業種の中で最もサポートできる存在だと思います。
そんな中、やりたいことや挑戦したい事業がある人にとっては最強のプラットフォームだと思っています。
そこをもっと発信していきたいです。
御堂筋税理士法人としては、IPO支援や海外支援、資産運用サポートなど、まだ手を出せていない事業もありますが、これからさらにサービスを増やしていきたいです。

教育方針について教えてください。

我々の教育方針は、ただ教えるのではなく、成長を支援するという姿勢に基づいています。
当法人では、毎月の労働時間の15%を自己成長の時間として確保し、情報のキャッチアップや新しい知識の習得に努めています。
その中でも、税務のメンバーは情報のキャッチアップ、コンサルメンバーは最新の情報や書籍のレビュー、新サービスの検討などにこの時間を使います。
私たちは、人材育成という言葉はあまり使わずに、"成長支援"という言葉にしています。
この言葉は、教育やトレーニングを受けるという受け身の姿勢ではなく、積極的に自分自身を成長させる支援を受けるという意味合いです。

活躍している人材の特徴は?

我々の事務所で活躍している人材の最大の特徴は、チャレンジャーであることです。
単なる金銭的欲求だけでなく、背景に強い動機がある人が成功しています。
例えば、実家が事業をしていて、それがうまく行かなかった経験をもとに「そのような企業を助けたい」と考える人は、強い意志を持っています。
他には、真摯さを大切にする人も活躍しています。
いくら能力が高くても、ひけらかしたりする人よりかは、真面目にやる人のほうが最終的には評価することを、私は大切にしています。

労働環境はどうですか?

我々の事務所で活躍している人材の最大の特徴は、チャレンジャーであることです。
単なる金銭的欲求だけでなく、背景に強い動機がある人が成功しています。
例えば、実家が事業をしていて、それがうまく行かなかった経験をもとに「そのような企業を助けたい」と考える人は、強い意志を持っています。
他には、真摯さを大切にする人も活躍しています。
いくら能力が高くても、ひけらかしたりする人よりかは、真面目にやる人のほうが最終的には評価することを、私は大切にしています。

創業後、一番苦労したことはなんですか?

実は、特定の大きな苦労を感じることは少なかったです。
ただ、もし一つ挙げるならば、創業者・小笠原士郎と5年間で事業承継・経営承継したときですかね。
彼が60歳の際に、私とマルチプレイヤーの松本を後継として2名体制で指名しました。
継承のために、指名を受けてから5年の間、毎月1時間半の1on1コーチングを小笠原と行い、その中で私の意見や考えをしっかりと伝える経験を積みました。
私の意思決定や経営方針に対する考えを中心に発言する場となり、この場での経験が非常に苦労しました。

御堂筋が求める人材についておしえてください

まず、我々の事業には現在7つの部門が存在しており、個人資産税の部門を除いたすべての部門はBtoBのサービスを提供しています。
特に、5億から100億円の規模の中小企業の問題解決に焦点を当てており、そのための人材を求めています。

具体的には、理由なしにこの業界で役に立ちたい方や近所の方から自身の親戚、または親、祖父などの事業背景を理解して、役に立ちたい方などです。
当事務所では新しいチャレンジができる環境を整えています。
具体的な提案や新しいアイデアを持ち寄ることは大歓迎です。


会計事務所として、税理士になることを目指す方々に対しても期待しています。
税理士になろうと思った本人には様々な動機があると思います。
色々なサービスを一緒に学びながら、最終的に何かのプロになって、食いっぱぐれのない人生にしたいと思う人であれば、環境は適合すると思います。

ミツカルでは、税理士事務所の代表とカジュアルに話すことができます。
今回の記事を読んで、御堂筋税理士法人の 才木正之先生と話してみたい、事務所についてもっと聞いてみたいという方は、お気軽にご登録ください。
転職を検討していない方でも問題ありませんし、履歴書・職務経歴書は一切不要です。
30秒で登録完了しますので、下記のリンクよりご登録ください!


関連記事